東京駅 グランスタ 「東京駅で日本再発見プロジェクト」始動。期間限定ショップ「TOKYO海宝漬」オープン

2018年6月15日

「東京駅 グランスタ 「東京駅で日本再発見プロジェクト」始動。期間限定ショップ「TOKYO海宝漬」オープン」のイメージ

JR東日本グループの ㈱鉄道会館(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上 進)は、運営するエキナカ商業施設「グランスタ」にて、期間限定ショップの展開により日本全国の魅力を東京駅から次々と発信する「東京駅で日本再発見プロジェクト」を6月20日(水)より始動します。第1弾では、岩手県釜石市の「中村家」が期間限定ショップ「TOKYO海宝漬」としてグランスタに初登場。今回の出展のために看板商品の「海宝漬」を活かした限定の弁当3種類を作り、特別価格にて販売します。三陸の豊かな食の魅力を全国に発信すべく、4代目社長 島村 隆の次男 島村 光訓がグランスタ内の厨房にて作る弁当を、社長自らが販売します。