「東京駅北通路周辺整備」先行開業第二弾 "パン好きの聖地"と呼ばれる人気ベーカリーの東京初出店や東京銘菓を取り揃えたセレクトショップなど3ショップがオープン

2019年6月10日

「「東京駅北通路周辺整備」先行開業第二弾

JR東日本グループの株式会社鉄道会館(東京都千代田区 / 代表取締役社長 平野邦彦)は、JR東日本により2012年から進められている「東京駅北通路周辺整備」の一環として、東京駅に新たな商業エリアの開発を進めています。本開発は2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催前の全体開業を目指しており、店舗数約70ショップ・店舗面積約6,300㎡の規模を予定しています。
この度、2019年7月10日(水)に、先行開業第二弾として、新たに3ショップがオープンすることが決定しました。新たにオープンするのは、"パン好きの聖地"と呼ばれる千葉県松戸市のベーカリー「Zopf」が東京に初出店するカレーパン専門店「Zopf カレーパン専門店」や、"東京みやげ"にふさわしい人気銘菓・限定商品を取り揃えたギフトのセレクトショップ「HANAGATAYA グランスタ東京中央通路店」など3店舗です。