東京駅の新たなシンボル・初の本格的イベントスペース「スクエア ゼロ」誕生記念 東京駅に"吊りねぶた"「風神雷神」を展示 本年中止となった「青森ねぶた祭」の思いを来年につなぐイベント / 8月7日(金)展示開始

2020年7月16日

「東京駅の新たなシンボル・初の本格的イベントスペース「スクエア ゼロ」誕生記念 東京駅に

JR東日本グループの株式会社鉄道会館(東京都千代田区 / 代表取締役社長 平野 邦彦)は、2020年8月3日(月)、東京駅にエキナカ商業空間「グランスタ東京」を開業予定です。同施設内に設ける、東京駅の新たなシンボルとなるエキナカ広場「スクエア ゼロ」の誕生を記念するとともに、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止となった「青森ねぶた祭」の思いを東京駅でつなぐべく、「スクエア ゼロ」吹抜空間に、ねぶた師 竹浪比呂央氏制作の"吊りねぶた"「風神雷神」をテーマとしたねぶたを展示いたします。この展示に合わせて、青森県にまつわる情景写真をオンラインにて募集し、「スクエア ゼロ」内のデジタルサイネージにて公開(※)予定です。