【第三木曜日に、会いましょう】夏は、カレーだよ!!

  • おでかけ・ショッピング
  • 通勤・お仕事帰り

 柱谷(哲二の方)でピタリと止まっていた私のサッカー熱に火をつけてくれた今年のW杯。サッカー審判4級を持ちながら一度も審判をしたことがない私にとっては審判の判断のみならず、世界のファンタジスタたちのテクニカルな動きに魅了された1ヶ月だった。「今のブイエーアールダヨ!!」声を出して何度叫んだことか。サッカーって人を大胆にしますね。

朝3時に自然と目を覚まし体内時計がぴったり合ってきたところで終了した今大会は一瞬にして去っていった夏の恋のようだった。そこにぐっと押し寄せてくる強い日差しと先延ばしにしてきたやらなければいけないことたちと今更向き合うのが辛い。そんなW杯ロスなみなさんに、カレーをおすすめいたします。

以外と穴場な『オールドステーション』のランチメニュー「牛すじ燻玉カレー」。スパイスたっぷりのカレーに牛すじが溶け込んでトゥルトゥルしている。

燻製卵の半熟具合と燻製感、出過ぎず引っ込みすぎず。いいアシストをしながら存在感を出している。咀嚼さえも億劫な失恋のあとはこういう喉ごしのいいカレーが一番。この夏はルーだけでも水筒に入れて飲みたいです。

『ドンピエール東京 エクスプレスカレー』は3週間に一度くらい通う。注文するのはいつも銀座本店のシェフが裏メニューとして作ったのがはじまりの「特製ビーフカレー」。ゴロゴロと横たわるA5ランク和牛のホホ肉が口の中を思いっきり甘やかす。ここに赴いていないカレー好きはカレー好きとは言えないのでは!福神漬けがとんでもなくいい味なので瓶詰め販売を強く希望したい。大きめのスプーンの上にはカレーとごはん、福神漬け、2:2:1が黄金比。

 去年はまった「にしきや」のレトルトカレー。化学調味料、香料、着色料無添加。レトルトの罪悪感を一切なくした徹底ぶり。目についたらつい食べたくなるので保存食としての役割を一向に果たしてくれないのは難点。

「レモンクリームチキンカレー」はしつこいくらいに食べた。生クリームの甘さとレモンの爽やかさとチキン。パクチーをのせると手作り感が出るのですが、絶対に手作れない味。「にしきや」のレトルトは『212キッチンストア』にたっぷりあります。

 4年後はどこで何をしているんだろう。きっとあっという間にすぎていく。ブイエーアールはどうなるのだろうか。ウンティティは4年後も出場するのだろうか。いやいやまずは東京オリンピック。それにあわせるように日々東京駅も進化している。ぜひ暇があればカレーを食べにきてください。


新着記事