TOKYO
03:16
Rain
12.3℃
 

ページ
TOPへ

【第三木曜日に、会いましょう】そうだ、占いに行こう

  • ご出張・ご旅行
  • 通勤・お仕事帰り
  • おでかけ・ショッピング
  • ご家族・お子様連れ

お正月も終わり旧正月も明け、寝て食べてを繰り返すことが唯一許されているお正月のゴールデンタイムがいよいよ終了。
ちなみに佐藤家では元旦に朝起きるとテーブルに必ず父から箸袋にメッセージがあり、それを胸に一年頑張るのですが、今年はというと。

なかなか身に沁みる言葉が書き連ねられた最後に、「アゲマンになろう」。

結婚して以降、右こめかみを中心に白髪が増え、太りはじめ、物忘れも増え、朝方震えはじめた私の夫を心配してのことでしょうか。

妻になり3年、いつしか頻繁に鼻の下にヒゲが生えても何も思わなくなり、右肩さがりで落ちていく女性としての魅力をあげたいし、
私だってあげまんにもなりたい。でもどうやってなれるのだろうか。そもそも素質があるのだろうか。
ざわめく心をよそに、解決策はなし。

ということで思い立ったら吉日、占いに行ってきました。

ぼんやりと「占い」が眩しく光って通るたびに気になってたここは、東京駅改札外の北町ダイニング。
飲食店が立ち並ぶ中、ぽつりと占いのブースがふたつ。いろんな意味で興味がそそられてたまらない。

私の占い歴のはじまりは中学生の時に遠足で行った横浜中華街、バイブルはegg!と言わんばかりのギャル男の占い師でした。

以降、困った時は友達、迷った時は占い。特に人生が陰りはじめた2008年あたりはよく通っていました。
決まった場所に行くわけでもなく、思いつきで。結果に納得しないと、占いのはしごするほど。

今回はかれこれ5年ぶりの占い。

今回占ってもらったのは藤岡君枝さん。なんとこの道50年の大ベテランです。

テーブルクロスの紫と洋服の水色が共にこんなにビビットなのに、戦っていない。
むしろクロスも洋服かと思わせるほどの美的センスと、それに負けないくらいのオーラと包み込みような笑顔。


藤岡さんは大丸の近くで30年、東京駅で10年ほど、ずっとこのあたりで迷える羊からかなりの大物の方々まで占ってきたそう。
その歴史は藤岡さんの手帳に詰まっていました。

人には「元々持っているもの」と「変わっていくもの」があって、例えば手相は日々変わっていくけれど、生まれた日にちは変わらない。
その両方を見ながらさまざまな手法を組み合わせて、ふんだんに占ってくれます。

 
オリンピックまで、仕事はうなぎのぼりに良いとか
2月頃に転機があるとか
今年は引っ越しを検討したほうがいい、方位は東西とか。家の選び方とか。


あまり悪いことは言われず、どちらかというとこれからのこと、未来のこと。

途中父の箸袋の話も夫の話もしていないのに、不意に
「あなた、あげまんになれるわね」と。

キタキタキタ。テンションが最高潮に達し、そこから椅子に座りなおし、一気にあげまん質問会。

「いつ頃からあげまんに・・・?」
「あげまんの兆しはどんな・・?」

藤岡さん、私の拷問に付き合ってくれました。

興奮してメモすることすら忘れてしまったのですが、総合的には今年一年、こんな感じになるそうです。

「また一年後、もしくは、迷った時に良かったらいらっしゃいね。」

最後の藤岡さんの言葉。

未来のことなので、実際に当たってるか否かは現在ではわからないけれど、最終的にどちらでもいい様な気がします。
重要なのはいい未来を信じて前を向いて頑張る勇気、元気、イワキ。
藤岡さんの愛と優しさにパワーをもらいました。

お父さん。
私、ついにあげまんになれるよ!


ちょっと人生に迷った時、北町ダイニングの藤岡さんに会いに行ってみてください。


新着記事

東京駅構内・周辺の商業施設

東京駅構内・周辺には、存分に楽しめるお店がいっぱい!ぜひお立ち寄りください!

【第三木曜日に、会いましょう】そうだ、占いに行こう

お正月も終わり旧正月も明け、寝て食べてを繰り返すことが唯一許されているお正月のゴールデンタイムがいよいよ終了。
ちなみに佐藤家では元旦に朝起きるとテーブルに必ず父から箸袋にメッセージがあり、それを胸に一年頑張るのですが、今年はというと。

なかなか身に沁みる言葉が書き連ねられた最後に、「アゲマンになろう」。

結婚して以降、右こめかみを中心に白髪が増え、太りはじめ、物忘れも増え、朝方震えはじめた私の夫を心配してのことでしょうか。

妻になり3年、いつしか頻繁に鼻の下にヒゲが生えても何も思わなくなり、右肩さがりで落ちていく女性としての魅力をあげたいし、
私だってあげまんにもなりたい。でもどうやってなれるのだろうか。そもそも素質があるのだろうか。
ざわめく心をよそに、解決策はなし。

ということで思い立ったら吉日、占いに行ってきました。

ぼんやりと「占い」が眩しく光って通るたびに気になってたここは、東京駅改札外の北町ダイニング。
飲食店が立ち並ぶ中、ぽつりと占いのブースがふたつ。いろんな意味で興味がそそられてたまらない。

私の占い歴のはじまりは中学生の時に遠足で行った横浜中華街、バイブルはegg!と言わんばかりのギャル男の占い師でした。

以降、困った時は友達、迷った時は占い。特に人生が陰りはじめた2008年あたりはよく通っていました。
決まった場所に行くわけでもなく、思いつきで。結果に納得しないと、占いのはしごするほど。

今回はかれこれ5年ぶりの占い。

今回占ってもらったのは藤岡君枝さん。なんとこの道50年の大ベテランです。

テーブルクロスの紫と洋服の水色が共にこんなにビビットなのに、戦っていない。
むしろクロスも洋服かと思わせるほどの美的センスと、それに負けないくらいのオーラと包み込みような笑顔。


藤岡さんは大丸の近くで30年、東京駅で10年ほど、ずっとこのあたりで迷える羊からかなりの大物の方々まで占ってきたそう。
その歴史は藤岡さんの手帳に詰まっていました。

人には「元々持っているもの」と「変わっていくもの」があって、例えば手相は日々変わっていくけれど、生まれた日にちは変わらない。
その両方を見ながらさまざまな手法を組み合わせて、ふんだんに占ってくれます。

 
オリンピックまで、仕事はうなぎのぼりに良いとか
2月頃に転機があるとか
今年は引っ越しを検討したほうがいい、方位は東西とか。家の選び方とか。


あまり悪いことは言われず、どちらかというとこれからのこと、未来のこと。

途中父の箸袋の話も夫の話もしていないのに、不意に
「あなた、あげまんになれるわね」と。

キタキタキタ。テンションが最高潮に達し、そこから椅子に座りなおし、一気にあげまん質問会。

「いつ頃からあげまんに・・・?」
「あげまんの兆しはどんな・・?」

藤岡さん、私の拷問に付き合ってくれました。

興奮してメモすることすら忘れてしまったのですが、総合的には今年一年、こんな感じになるそうです。

「また一年後、もしくは、迷った時に良かったらいらっしゃいね。」

最後の藤岡さんの言葉。

未来のことなので、実際に当たってるか否かは現在ではわからないけれど、最終的にどちらでもいい様な気がします。
重要なのはいい未来を信じて前を向いて頑張る勇気、元気、イワキ。
藤岡さんの愛と優しさにパワーをもらいました。

お父さん。
私、ついにあげまんになれるよ!


ちょっと人生に迷った時、北町ダイニングの藤岡さんに会いに行ってみてください。


東京駅構内・周辺の商業施設

東京駅構内・周辺には、存分に楽しめるお店がいっぱい!ぜひお立ち寄りください!

ピックアップ
PICK UP
東京駅から
最新の情報をお知らせ
新着情報を見る>
ピックアップ
PICK UP
東京駅から最新の情報をお知らせ