ページ
TOPへ

猛暑に負けない!“酢ムリエ”が夏にオススメする「お酢の世界」

  • おでかけ・ショッピング

 TBSテレビ「Nスタ」(7月13日放映)にて、「連日続く暑さに負けない為に今食べたい“お酢”特集」としてご取材いただいたグランスタ内のお酢専門ショップ「飲む酢 エキスプレ・ス・東京」。

今回は番組にてご取材いただいたデザートビネガーを中心に、猛暑が予想される今年の夏におすすめしたい最新のお酢アイテムを、お酢の魅力の伝道師“酢ムリエ”こと内堀光康氏にご紹介いただいた。
(以下、全て税込価格)

酢っきり食べて元気になれる!自然な甘さの“酢フトクリーム”

酢フトクリーム-001「自然な甘さの酢フトクリーム」(500円)

お酢を練り込んだ特製アイスクリームにさらに上からお酢をかけると、濃厚なミルクの味をお酢の酸味が引き立てて、まるでチーズケーキのような味わいに。砂糖・香料不使用の自然な甘さで後味も爽やか。かけるお酢は好みや気分に合わせて選べるのもうれしい。

今回セレクトしたのは色鮮やかな「ざくろの酢」。栄養価の高いスーパーフードとしても注目されるざくろの果汁を発酵させた、女性におすすめのデザートビネガーだ。

 酢フトクリーム 酢ムリエ-001「お酢専門店ならではの酢フトクリームを召し上がれば、猛暑の日でも“酢っきり”と乗り切れるはずです!」

暑い日にゴクゴク飲みたい爽やかビネガー。

レモン&シークワーサーの酢-001「飲む酢 レモン&シークワーサー」(150ml 1,296円 / 250ml 1,728円)

レモンとシークワーサーを発酵させて作った夏の人気№1ビネガー。程よい酸味と爽やかな飲み口が特徴だ。暑い日が続くシーズンには、さっぱりできる炭酸割が人気。

「炭酸割りもおすすめですが、通常1:4のところを1:6~7と多めのお水で割っていただき、ゴクゴク飲むのもオススメです。」

テイクアウトのドリンクメニューには、「飲む酢 シークワーサー&レモン」を使用したノンアルコールカクテル「シークワーサーモヒート」も。太陽の光をたっぷり浴びた沖縄県産シークワーサーのお酢にフレッシュミントを合せた、夏におすすめの爽やかなビネガーカクテルだ。 

モヒート

「シークワーサーモヒート」(486円)

目にすることすら珍しい!ハチミツから生まれた「はちみつ酢」

はちみつの酢-001「飲む酢 アニバーサリーラベル ピュアハニー」(150ml 2,160円)

蜂蜜を発酵させた、甘い香りとまろやかな酸味が特徴の珍しいはちみつのお酢は、通常のデザートビネガーよりも半年~1年以上発酵に時間を要する酢ムリエこだわりの逸品。東京駅のシンボル丸の内駅舎をデザインしたラベルは、東京土産としても人気だ。

「牛乳や豆乳で割ると、爽やかなミルクセーキのような味わいに。他にもオリーブオイルのようにトーストにかけるのもおすすめです。または1:6~7くらいで牛乳割りにしてコーンフレークにかけても、夏におすすめの爽やかな朝食になります。」

まもなく販売開始!
お土産にも旅立ちのお祝いにも最適な“酢パークリングビネガー”

スパークリングビネガー-001「酢パークリングビネガー」(1本 120ml 378円)

夏旅のお供に最適な、新幹線でも飲みやすいサイズのスパークリングタイプのビネガードリンクが新登場!旅の始まりを泡で祝ったり手土産として贈ったりと、お酢の世界はさらに広がっていく。

酢ムリエ-001酢ムリエ No.0001 内堀 光康 氏
オークスハート株式会社 代表取締役

「暑い夏にはお酢がぴったりです!」と力強くお酢の世界へいざなってくれる酢ムリエの内堀氏。酢ムリエとは酢の選びかた、楽しみかたの案内役である。

「お酢の楽しみかたを人に伝えたいという心があれば今日からあなたも酢ムリエです。」と語る内堀氏は物心がついた時からお酢の世界に親しんでいたそう。猛暑が予想される今年の夏は、酢ムリエが夏にイチオシするお酢のチカラで乗り切って、酢ムリエデビューを目指してみてはいかがだろうか。

酢ムリエ取材風景-001取材を受ける内堀氏。お酢への情熱と滑らかなトークで、取材スタッフをお酢の世界へ誘っていく。

酢ムリエVSふくらむちゃん-001「ふくらむちゃんも酢フトクリームで“酢っきり”しませんか?」
グランスタ新エリアのマスコットガール「ふくらむちゃん」とのコラボショットが実現した。

「飲む酢 エキスプレ・ス・東京」の場所はこちら

nomusumap


新着記事

東京駅構内・周辺の商業施設

東京駅構内・周辺には、存分に楽しめるお店がいっぱい!ぜひお立ち寄りください!

猛暑に負けない!“酢ムリエ”が夏にオススメする「お酢の世界」

 TBSテレビ「Nスタ」(7月13日放映)にて、「連日続く暑さに負けない為に今食べたい“お酢”特集」としてご取材いただいたグランスタ内のお酢専門ショップ「飲む酢 エキスプレ・ス・東京」。

今回は番組にてご取材いただいたデザートビネガーを中心に、猛暑が予想される今年の夏におすすめしたい最新のお酢アイテムを、お酢の魅力の伝道師“酢ムリエ”こと内堀光康氏にご紹介いただいた。
(以下、全て税込価格)

酢っきり食べて元気になれる!自然な甘さの“酢フトクリーム”

酢フトクリーム-001「自然な甘さの酢フトクリーム」(500円)

お酢を練り込んだ特製アイスクリームにさらに上からお酢をかけると、濃厚なミルクの味をお酢の酸味が引き立てて、まるでチーズケーキのような味わいに。砂糖・香料不使用の自然な甘さで後味も爽やか。かけるお酢は好みや気分に合わせて選べるのもうれしい。

今回セレクトしたのは色鮮やかな「ざくろの酢」。栄養価の高いスーパーフードとしても注目されるざくろの果汁を発酵させた、女性におすすめのデザートビネガーだ。

 酢フトクリーム 酢ムリエ-001「お酢専門店ならではの酢フトクリームを召し上がれば、猛暑の日でも“酢っきり”と乗り切れるはずです!」

暑い日にゴクゴク飲みたい爽やかビネガー。

レモン&シークワーサーの酢-001「飲む酢 レモン&シークワーサー」(150ml 1,296円 / 250ml 1,728円)

レモンとシークワーサーを発酵させて作った夏の人気№1ビネガー。程よい酸味と爽やかな飲み口が特徴だ。暑い日が続くシーズンには、さっぱりできる炭酸割が人気。

「炭酸割りもおすすめですが、通常1:4のところを1:6~7と多めのお水で割っていただき、ゴクゴク飲むのもオススメです。」

テイクアウトのドリンクメニューには、「飲む酢 シークワーサー&レモン」を使用したノンアルコールカクテル「シークワーサーモヒート」も。太陽の光をたっぷり浴びた沖縄県産シークワーサーのお酢にフレッシュミントを合せた、夏におすすめの爽やかなビネガーカクテルだ。 

モヒート

「シークワーサーモヒート」(486円)

目にすることすら珍しい!ハチミツから生まれた「はちみつ酢」

はちみつの酢-001「飲む酢 アニバーサリーラベル ピュアハニー」(150ml 2,160円)

蜂蜜を発酵させた、甘い香りとまろやかな酸味が特徴の珍しいはちみつのお酢は、通常のデザートビネガーよりも半年~1年以上発酵に時間を要する酢ムリエこだわりの逸品。東京駅のシンボル丸の内駅舎をデザインしたラベルは、東京土産としても人気だ。

「牛乳や豆乳で割ると、爽やかなミルクセーキのような味わいに。他にもオリーブオイルのようにトーストにかけるのもおすすめです。または1:6~7くらいで牛乳割りにしてコーンフレークにかけても、夏におすすめの爽やかな朝食になります。」

まもなく販売開始!
お土産にも旅立ちのお祝いにも最適な“酢パークリングビネガー”

スパークリングビネガー-001「酢パークリングビネガー」(1本 120ml 378円)

夏旅のお供に最適な、新幹線でも飲みやすいサイズのスパークリングタイプのビネガードリンクが新登場!旅の始まりを泡で祝ったり手土産として贈ったりと、お酢の世界はさらに広がっていく。

酢ムリエ-001酢ムリエ No.0001 内堀 光康 氏
オークスハート株式会社 代表取締役

「暑い夏にはお酢がぴったりです!」と力強くお酢の世界へいざなってくれる酢ムリエの内堀氏。酢ムリエとは酢の選びかた、楽しみかたの案内役である。

「お酢の楽しみかたを人に伝えたいという心があれば今日からあなたも酢ムリエです。」と語る内堀氏は物心がついた時からお酢の世界に親しんでいたそう。猛暑が予想される今年の夏は、酢ムリエが夏にイチオシするお酢のチカラで乗り切って、酢ムリエデビューを目指してみてはいかがだろうか。

酢ムリエ取材風景-001取材を受ける内堀氏。お酢への情熱と滑らかなトークで、取材スタッフをお酢の世界へ誘っていく。

酢ムリエVSふくらむちゃん-001「ふくらむちゃんも酢フトクリームで“酢っきり”しませんか?」
グランスタ新エリアのマスコットガール「ふくらむちゃん」とのコラボショットが実現した。

「飲む酢 エキスプレ・ス・東京」の場所はこちら

nomusumap


東京駅構内・周辺の商業施設

東京駅構内・周辺には、存分に楽しめるお店がいっぱい!ぜひお立ち寄りください!

ピックアップ
PICK UP
東京駅から
最新の情報をお知らせ
新着情報を見る>
ピックアップ
PICK UP
東京駅から最新の情報をお知らせ