TOKYO
09:20
Rain
20.7℃
 

ページ
TOPへ

「グランスタ新エリアの注目アイテム!ナカの人が熱弁」 By Walkerplus

  • ご出張・ご旅行
  • 通勤・お仕事帰り
  • おでかけ・ショッピング

東京駅最大のエキナカ商業施設として、たくさんの人やモノが集うグランスタ。改札内の新エリアと改札外に隣接するグランスタ丸の内の開業によって東京駅初となる大型の雑貨・コスメゾーンが誕生するなど、ますますパワーアップしている。

そこで今回、開発を担当した鉄道会館 業態開発グループ係長の菊田譲さんが、グランスタ新エリアとグランスタ丸の内からおすすめの10種類のアイテムをセレクト。進化するグランスタに再注目してみた!

日本百貨店とうきょう(グランスタ:改札内)「三幸製作所 ゼンマイスパークロボ」(1,620円)

東京に1軒だけ残るブリキ工場が手作りで仕上げた懐かしいブリキのおもちゃ。お腹を光らせて歩くユーモラスな様子に、誰しも癒やされること必至。「お子さまへのプレゼントにも、リビングのインテリアにもぴったりです」(菊田さん)。

シェアード トーキョー(グランスタ:改札内)「てぬぐいTOKYOボイス」(1,080円)

さまざまな日本の方言などによる「いらっしゃいませ」をグラフィカルにデザインしたポップでユニークな手ぬぐい。「いろんな使い方ができる手ぬぐいは何枚あっても便利。カジュアルなギフトにもうってつけです」(菊田さん)。

にほんぼう(グランスタ:改札内)「東京駅オリジナル桐箱 二膳入用」(グランスタ限定・1,944円)※箸は別売り

東京駅のシンボル、丸の内駅舎をレトロかつ繊細なタッチで描いた桐箱に、相手を思い浮かべて選んだ箸を収めてプレゼント。「箸は毎日使うモノなので、喜ばれると思います。洒落た桐箱は小物入れとしても使えるのが嬉しいですね」(菊田さん)。

セイスケ88(グランスタ:改札内)「ラミネートがま口コスメポーチ<大>」(グランスタ限定・4,104円)

丸の内駅舎の図柄と約150年前の京都の伝統文様をミックスした、レトロな雰囲気が心をくすぐるコスメポーチ。「がま口は中身を出し入れしやすく使い勝手抜群です。味のある金具、内張りとのコントラストも美しいです」(菊田さん)。

ジョンマスターオーガニック セレクト(グランスタ:改札内)「ジョンマスターオーガニック ヘアケア トライアルキット<ノーマル・ドライヘア>」(2,700円)

“ジョンマス”を試してみたい人にぴったりのトライアルキットは、人気のシャンプーと2種類のコンディショナーがセットに。「洒落たミニボトルはかさばることがなく旅のお供にも最適。私も出張時に愛用しています!」(菊田さん)。

フォートナム・アンド・メイソン・コンセプト・ショップ(グランスタ:改札内)「ミニジャム・ミニ紅茶詰め合わせ」(グランスタ限定・1,728円)

洗練されたショッパーに紅茶とジャムを詰め合わせた、東京駅でしか購入できないミニセット。「見た目にもお洒落で、さっと渡せるギフトとしてちょうどいいボリュームなのも魅力です。気の利いた手土産は誰にでも喜ばれるはず」(菊田さん)。

まかないこすめ(グランスタ:改札内)「絶妙レシピのハンドクリーム ミニサイズ<晴れやかな空の香り>」(グランスタ限定・3個セット1,782円、5個セット2,970円)

肌なじみの良さに優れた保湿力を実感する、金箔製造に必要な灰汁(あく)の成分から生まれた食品由来成分のハンドクリーム。「丸の内駅舎を取り入れたパッケージ然り、東京限定の爽やかな柑橘系の香りは男性にも合います」(菊田さん)。

ノイシュタットブルーダー(グランスタ:改札内)「デザインフィル トラベラーズノート」(4,320円)

カスタマイズも楽しめるトラベラーズノートには、使い込むほどに本革表紙の風合いが変化するエイジングの楽しみも。「心に残しておきたいことをさっと書き留める行為は、日常を素敵な旅にしてくれることでしょう」(菊田さん)。

ミルフォイユ ドゥ リベルテ(グランスタ丸の内:改札外)「ブーケロン」(3,240円)

予算や用途、贈る相手のイメージに合わせたブーケを作ってくれる。「パーティーへのお呼ばれやサプライズギフトの用意など、急にブーケが必要になることは結構あります。信頼できるフラワーショップをストックしておくことも、大人の嗜みですね」(菊田さん)。

神保町いちのいち(グランスタ丸の内:改札外)「万華鏡 山見浩司 テレイドショット」(4,968円)

「目の前にある光景や物体をファンタジックな模様にして写し出すデジタル万華鏡です。写真もムービーも残せるので、SNSの楽しみ方がグッと広がります」(菊田さん)。スマートフォンに取りつければ、そこには見たことのない光景が。※商品デザインは変更となる場合もあり

「お弁当やお土産のイメージが強い東京駅に雑貨とコスメが加わったことで、より多くの方にご利用いただけるようになったと実感しています」と語る菊田さん。「季節やイベントにあわせ、グランスタとグランスタ丸の内の新しいショップではさまざまな仕掛けを展開。常に新鮮で楽しい驚きと喜びを提供していきます!」。来夏までに30を超えるショップが新規オープンする予定のグランスタ。菊田さんのおすすめを参考に、ギフトや自分へのご褒美を探しに、足を運んでみてはいかがだろうか。


新着記事

「グランスタ新エリアの注目アイテム!ナカの人が熱弁」 By Walkerplus

東京駅最大のエキナカ商業施設として、たくさんの人やモノが集うグランスタ。改札内の新エリアと改札外に隣接するグランスタ丸の内の開業によって東京駅初となる大型の雑貨・コスメゾーンが誕生するなど、ますますパワーアップしている。

そこで今回、開発を担当した鉄道会館 業態開発グループ係長の菊田譲さんが、グランスタ新エリアとグランスタ丸の内からおすすめの10種類のアイテムをセレクト。進化するグランスタに再注目してみた!

日本百貨店とうきょう(グランスタ:改札内)「三幸製作所 ゼンマイスパークロボ」(1,620円)

東京に1軒だけ残るブリキ工場が手作りで仕上げた懐かしいブリキのおもちゃ。お腹を光らせて歩くユーモラスな様子に、誰しも癒やされること必至。「お子さまへのプレゼントにも、リビングのインテリアにもぴったりです」(菊田さん)。

シェアード トーキョー(グランスタ:改札内)「てぬぐいTOKYOボイス」(1,080円)

さまざまな日本の方言などによる「いらっしゃいませ」をグラフィカルにデザインしたポップでユニークな手ぬぐい。「いろんな使い方ができる手ぬぐいは何枚あっても便利。カジュアルなギフトにもうってつけです」(菊田さん)。

にほんぼう(グランスタ:改札内)「東京駅オリジナル桐箱 二膳入用」(グランスタ限定・1,944円)※箸は別売り

東京駅のシンボル、丸の内駅舎をレトロかつ繊細なタッチで描いた桐箱に、相手を思い浮かべて選んだ箸を収めてプレゼント。「箸は毎日使うモノなので、喜ばれると思います。洒落た桐箱は小物入れとしても使えるのが嬉しいですね」(菊田さん)。

セイスケ88(グランスタ:改札内)「ラミネートがま口コスメポーチ<大>」(グランスタ限定・4,104円)

丸の内駅舎の図柄と約150年前の京都の伝統文様をミックスした、レトロな雰囲気が心をくすぐるコスメポーチ。「がま口は中身を出し入れしやすく使い勝手抜群です。味のある金具、内張りとのコントラストも美しいです」(菊田さん)。

ジョンマスターオーガニック セレクト(グランスタ:改札内)「ジョンマスターオーガニック ヘアケア トライアルキット<ノーマル・ドライヘア>」(2,700円)

“ジョンマス”を試してみたい人にぴったりのトライアルキットは、人気のシャンプーと2種類のコンディショナーがセットに。「洒落たミニボトルはかさばることがなく旅のお供にも最適。私も出張時に愛用しています!」(菊田さん)。

フォートナム・アンド・メイソン・コンセプト・ショップ(グランスタ:改札内)「ミニジャム・ミニ紅茶詰め合わせ」(グランスタ限定・1,728円)

洗練されたショッパーに紅茶とジャムを詰め合わせた、東京駅でしか購入できないミニセット。「見た目にもお洒落で、さっと渡せるギフトとしてちょうどいいボリュームなのも魅力です。気の利いた手土産は誰にでも喜ばれるはず」(菊田さん)。

まかないこすめ(グランスタ:改札内)「絶妙レシピのハンドクリーム ミニサイズ<晴れやかな空の香り>」(グランスタ限定・3個セット1,782円、5個セット2,970円)

肌なじみの良さに優れた保湿力を実感する、金箔製造に必要な灰汁(あく)の成分から生まれた食品由来成分のハンドクリーム。「丸の内駅舎を取り入れたパッケージ然り、東京限定の爽やかな柑橘系の香りは男性にも合います」(菊田さん)。

ノイシュタットブルーダー(グランスタ:改札内)「デザインフィル トラベラーズノート」(4,320円)

カスタマイズも楽しめるトラベラーズノートには、使い込むほどに本革表紙の風合いが変化するエイジングの楽しみも。「心に残しておきたいことをさっと書き留める行為は、日常を素敵な旅にしてくれることでしょう」(菊田さん)。

ミルフォイユ ドゥ リベルテ(グランスタ丸の内:改札外)「ブーケロン」(3,240円)

予算や用途、贈る相手のイメージに合わせたブーケを作ってくれる。「パーティーへのお呼ばれやサプライズギフトの用意など、急にブーケが必要になることは結構あります。信頼できるフラワーショップをストックしておくことも、大人の嗜みですね」(菊田さん)。

神保町いちのいち(グランスタ丸の内:改札外)「万華鏡 山見浩司 テレイドショット」(4,968円)

「目の前にある光景や物体をファンタジックな模様にして写し出すデジタル万華鏡です。写真もムービーも残せるので、SNSの楽しみ方がグッと広がります」(菊田さん)。スマートフォンに取りつければ、そこには見たことのない光景が。※商品デザインは変更となる場合もあり

「お弁当やお土産のイメージが強い東京駅に雑貨とコスメが加わったことで、より多くの方にご利用いただけるようになったと実感しています」と語る菊田さん。「季節やイベントにあわせ、グランスタとグランスタ丸の内の新しいショップではさまざまな仕掛けを展開。常に新鮮で楽しい驚きと喜びを提供していきます!」。来夏までに30を超えるショップが新規オープンする予定のグランスタ。菊田さんのおすすめを参考に、ギフトや自分へのご褒美を探しに、足を運んでみてはいかがだろうか。


ピックアップ
PICK UP
東京駅から
最新の情報をお知らせ
新着情報を見る>
ピックアップ
PICK UP
東京駅から最新の情報をお知らせ