【第三木曜日に、会いましょう】ポケットにしのばせて

  • おでかけ・ショッピング
  • 通勤・お仕事帰り

「今日マジで渥美清なんだけどぉー」。一部のJKたちの暑さを表現する隠語になっているなんて寅さんも天国でびっくりしているかもしれない。確かに「暑い」とか「猛暑」とかそんなんじゃ全然足りないくらいとにかく「熱い」日々が続いた今年の夏、私は運命的な出会いをしました。

「チアシード 蒟蒻ゼリー」。説明無用その名の通り。大きな袋のなかにゼリーが小分けにされて入っている。チアシードは入れ替わりの激しい健康ブームの波にのって地球の裏からやってきてしばらくが経つけれど未だに人気は健在。

"水分やエネルギーを補給するために古来より食べ続けられてるチアシードは、体内で合成することが出来ない必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸αリノレン酸を多く含みます。αリノレン酸とは脂質の主な構成成分である脂肪酸のひとつで、人間の体内では合成することのできない必須脂肪酸です。 αリノレン酸は体内で構成されると、中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させるなどの重要な役割を果たす成分になります。"(チアシード 蒟蒻ゼリーホームページより)

人間が作り出すことができないものをチアシードが持っている。しかもそれは"必須"らしい。チアシードを取らないほうがいい理由がどこにあるのだろうか。(いいえ、ない)

食べ方は簡単、小腹が空いた時にピッと手でちぎって下の方を押してクッと吸う。少し強めに吸い込むと全身全霊でいっせいにくちの中に入ってくる。最初はそのスピードに驚くかもしれない。おいおい見た目以上に結構大胆だなと。咀嚼すると自分しか聞こえない程度にモジモジモジとかわいい音がする。おなかにちゃんとたまる上に、その日のお通じはいうまでもなく。

片手で食べられるし、冷凍庫に凍らせるとひやっと喉越しが冷たくなるし、同じつぶつぶでもタピオカみたいに食べるのに苦労しない。手軽なのに得られる対価がとても大きいから気がついたら口が、胃が、大腸が、チアシード蒟蒻ゼリーを求めてる。

私はこの商品を誰に頼まれたわけでもなく会う人会う人に勝手に宣伝をしている。今も誰から頼まれたわけではなくて書いている。勝手にアンバサダー。

ポケットにしのばせて、実食付きで魅力と愛と効能を語る晩夏。もうすぐ秋ですね。

※『212キッチンストア』と『 紀ノ国屋アントレ』に置いてます。


新着記事